北九州で洗面化粧台のリフォームを安く行いたい方へ(洗面化粧台リフォーム工程)

北九州で洗面化粧台のリフォームを安く行いたい方へ(洗面化粧台リフォーム工程)

洗面化粧台が使いにくくなってきた、家族が増えて今のままじゃ小さい。

鏡がくすんできた、簡易的にシャンプーができるようにしたい。

など、洗面化粧台を交換したりリフォームしたいという方向けにどういったタイプの洗面化粧台があるのか?

タイプ事におおよその費用相場を紹介します。

洗面化粧台の交換やリフォームする際の大まかな種類

洗面化粧台のリフォームと一口に言っても、使う人や、使う世帯の生活に合われるのであればそれが一番いいはずです。

当然洗面化粧台にも、いろんなタイプがあり、それにより主な使用パターンも変わります。

そういったタイプの違いを大まかに紹介します。

ユニットタイプの洗面台の特徴と費用相場

ユニットタイプとは、鏡、水道、洗面ボウル、収納などがワンセットになった物を主にいいます。

安価なものからあるので、ほとんどの家庭にあるのはこのユニットタイプと言えます。

費用としては、5~10万円程度から、あとは使用する部材にどれだけお金をかけるのかで変わります。

材料に大理石や著名な陶芸家が作る陶器などが使われていたりすればそれだけ費用は高くなります。

システムタイプの洗面台の特徴と費用相場

システムタイプは、収納キャビネット、洗面ボウル、全体の色味、使用部材などを、選択したり、して独自のパターンを作るタイプです。

ユニットタイプとは違い、パーツ毎に費用が掛かるため、使いやすさや見た目の美しさなどは洗練されている反面、やや費用としては高めになります。

費用としては30万円前後から高いものでは100万以上というのもあります。

一般的にシステムタイプの相場としてはおおよそ50万円前後といったところです。

カウンタータイプの洗面台の特徴と費用相場

定義はあいまいな所はありますが、カウンタータイプというのは、足元に空間があり、洗面ボウルが露出して洗面ボウルそのものもデザインの一部として構成されてある感じの洗面化粧台の事ととらえてください。

カウンタータイプはデザイン性を重視した作りになっているので、一般的にユニットタイプやシステムタイプと比較しても、費用は高めになります。

ユニットタイプやシステムタイプは使用する事を便利にする前提であるのに対し、デザインや見た目重視なので収納などに関しては別に場所を用意する事が多くなります。

そのため、洗面化粧台周辺のとしての機能としてそろえようとすると高額になるといえます。

主に費用としては、50万円前後から、80万円前後となり、

そのかなでも50万円前後が比較的多いです。

洗面化粧台一つにしても、どこまでをどう考えるのか?という事でかかる費用も安く抑えれるかと思えば、なかなかの価格になる場合もあります。

ルームビットでは、そのあたりもお客様とのヒアリングを行った上で、なるべく費用を掛けないように見積もらせていただきます。

洗面化粧台についてはお気軽にご相談ください。

強引な営業などは行っていませんのでご安心ください。

見積り依頼を行う

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide