ABOUT

Slider

安心安全リーズナブルなリフォームをご提案

ルームビットでは、お客様のご要望に合わせたリフォームを行っています。

古い・使いにくい・生活に支障が出る・故障・汚れ・などなど様々な不便を解消するためにリフォームはあります。
そしてすべてのリフォームに共通しやすい事があります。

それは・・・
できるかぎり、質の高いリフォームを、
低価格で依頼したいという要望ではないでしょうか?

ルームビットでは、その要望に出来る限り近づけるために日々努力をしています。

そして、お客様にとってよりよい結果につながるのであれば、必ずしも弊社でなければならないとは考えません。

ですが、それでも弊社に依頼したいとご希望のお客様には誠心誠意対応致します。

ご希望のリフォームを探す

ルームビットのリフォームの流れ

ご相談から、ヒアリング、現場調査、見積、ご請求、そして施工の流れを詳しく紹介します。

リフォームの流れを詳しく見る

北九州でのリフォームについて、キッチンのリフォーム浴室のリフォーム、洗面所のリフォーム、トイレのリフォーム、内装のリフォーム、外装のリフォームなどいろいろあります。それらのリフォームは、生活を豊かに安全に暮らしやすくするために行うもので、具体的な例でいえば、お住まいに関して、家族が増えたり、息子さんや、娘さんが独立する事などで、家に住む人数が減ったりして、今までとは違う環境になったりする事例はどの家庭においても時間の概念がある限り必ず起こりえると思います。実家での生活から、結婚相手を連れてきて一緒に同居するということでも、プライバシーを確保するのに、生活の仕方だけで解決するのは難しいことなどたくさんあります。しゃべる声がもれる、テレビの音、足音、トイレ、寒さ、暑さなどをしのぐということも、服を厚着したり、薄着になれば解決ということでもないはずです。物理的にリフォームなどで対処しなければ、クリアできないために、本来起こらなくてもいい、家族間の軋轢やトラブルにつながったりしてしまうことも住まいの物理的な機能が足りていない、または、生活する人が変わったり、生活する人数が増えたり減ったりなどで、環境は大きくかわります。このページをご覧のあなたは、自分の家で不便だなとおもうことはありませんか?騒音、寒さ、厚さ、お風呂の広さ、冬のお風呂の寒さ、湯船の広さ、トイレの広さ、トイレのにおい、トイレの場所、玄関の広さ、靴の収納がなくて靴が散らばり玄関が狭くなる、ベビーカーを置くスペースがなくて困る、階段の傾斜、階段の軋み音が気になる、廊下の足音がうるさい、窓からの冬の冷気が入ってくる、窓からの夏の暑さが入ってくる、二重窓にしたい、開き戸を引き戸に変えたい、リビングの電源を増やしたい、キッチンが狭い、キッチンの高さが足りない、キッチンの調理スペースを広くしたい、ガスコンロの火力が足りない、ガスコンロのグリルを変えたい、キッチンの換気扇の音がうるさい、キッチンの換気扇の掃除を楽にしたい、寝室が狭いから広くしたい、寝室の防音をもっと強化したい、寝室の押し入れをクローゼットに変えたい、などなど、不便を解消することがリフォームの仕事です。 例えばリビングでも今までは息子や娘達がメインで見ていたから、ソファとダイニングは別にしていたけど、親の世代だけで、夫婦だけの生活などになるとその必要がなくなるので、ソファダイニングにしてスペースを確保したり、夫婦の事をメインに考えてリビングをリフォームする事もありだと思います。 そしてたまに返ってくる息子さん娘さんの居場所も簡易的に作れるようなリビングのリフォームなど・・また数年もすれば、今度は結婚相手や、場合に依ってはお孫さんを連れてくるという事も現実にはよくある話です。 そうすると、リビングの用途も変化します。家族が多く、皆がまだ若いときであれば、インテリアにこだわったりしてもいいですが、この場合で言えば、普段はご夫婦の為に不要な物や足元を広く取って掃除や歩いたりする導線を広く取って体に負担がかからないようにして、老後の事も考えてバリアフリーも行っておくなどもいいと思います。 そして、人が集まる時期などは、リビングに人が集まる事が多いと思いますので、ソファの組み合わせやテーブルをつなげたりなどして、親戚一同でリビングで楽しむという事など、先を考えておくというのはとても大事な事です。この考えは、リビングだけではなくトイレや、お風呂・キッチンなどの水回り関連でも必要な考え方です。 例えばトイレであれば、冬の便座の保温機能などがあると便座カバーなどをつける必要がありません。 便座カバーは確かに便座が冷たいのを感じないようにするにはとても便利ですが、排便時や、お尻を拭く時などで便座カバーを汚してしまうなどがあった時には、それを取り外して洗う必要がでてきたりしますが、保温機能の便座でもし汚してしまっても、専用の掃除シートなどで拭き取ればそれで綺麗になります。 そういった、トイレそのものの機能からはじまり、トイレでは当然行うことですが、ズボン、スカート、下着などを履いたりおろしたりする事はあるはずです。 ですが、そのトイレの空間が狭いと履いたりおろしたりする姿勢がとてもきつく感じたりします。 また、今は大丈夫でも予め手すりを付けておくというのも考えておいていいポイントだとおもいます。 それと、各箇所に関係する事ですが、証明に関しては古くなると電力消費が大きいことや、従来の電球などでは交換頻度も多いので交換頻度が少なく、かつ電気消費が少ない省エネで明るいLEDの証明に切り替えるというのも充分考えておいていいと思います。 年齢とともに、視界は狭くなってしまいます。 そういったことも踏まえて、証明の交換なども検討してもよいかと思います。 また、それにともない、オール電化にしても良いかもしれません。 従来の暖房器具やファンヒーター、石油ストーブなどは火災の原因になりやすく、灯油の補充など力が必要な事もあるため、オール電化にすることで、そういう煩わしさや危険から回避するという事もかのうになります。 話が少しとびましたが、例えトイレの空間が取りにくいという事が起きたときでも、トイレのタンクが無いトイレに変更する事でタンクの分だけ空間を確保できたりするわけです。 次にお風呂ですがこれも、例えば脱衣所とお風呂と、他の部屋との室温の差というのは、例えば脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなりえます。 体温と室温の差が大きい時に、温かいお風呂に浸かったりすると急激な血圧の上下が起きてしまいます。 本当に命に関わる事です。 そういった事が起きないように脱衣所の温度をあげるための、脱衣所用の暖房機器の設置や、お風呂も滑らない、床面がひんやりしない。またお風呂に浸かる時にも腰高にならずに浸かりやすい構造にしておくなどが考えられます。 そしてキッチンに関しては、手洗いの頻度を下げるために食洗機を導入したり、洗いやすいように水道の蛇口が伸び縮みしてシャワーの様になったりなど、今では一般的にはなってきては居ますが、そうではないキッチンからのリフォームだと、その使いやすさは驚くことは間違いありません。 リフォームを行う時にどういった部材を使うのかなどで費用も変わってきます。 ですが、お風呂、トイレ、キッチン、などの部材は日進月歩で進化して安い部材も出てきたりしているのでコストを抑えることもできます。 リフォームで一部を見栄え良くかっこよくというのは、よくテレビなどで取り上げられますが、オシャレにする事と普段の生活を楽にするという事は同じ意味ではありません。 それは人によって、どういう事が楽なのか?普段の家事ではどこまでを行うのか? というところまでを考える事が先なのではないでしょうか?そしてその楽になるポイントを踏まえた上でオシャレにしていくという事になります。 極端な言い方をすれば、お箸で食べますか? スプーンやフォークを使いますか? という事も考えておく1つの材料となるわけです。 それにより、リビングに付帯していることが多いキッチンの作りや機能を考える必要があるからです。 リフォームをご依頼いただく場合に、家族構成や、用途、目的などをある程度ヒアリングさせていただくことで、もしかしたらリフォームの必要が無い場合や、リフォームをする場所を最小限にする事で費用を抑えたりすることもありえます。 なんでもかんでも、綺麗にすれば良いという事ではなく、ご依頼主様にとって出来る限り長期的で最適な提案をさせていただいてリフォームを行うのが私達のような北九州(小倉北区、小倉南区、戸畑区、門司区、八幡西区、八幡東区)でのリフォームを行う者の役割ではないかと考えます。 その中でもVRというバーチャルリアリティで実際にリフォームを行った後を360度見回す事で、こんなはずではなかったという事を回避できるようにご依頼の際にはご用意させていただきます。 北九州でリフォームをお望みであれば、ルームビット|北九州リフォームにおまかせください。
北九州リフォーム,北九州 内装工事,北九州 パース制作作成,北九州 リフォーム 口コミ評価評判,,北九州リフォーム 相場,北九州 リフォーム 業者,北九州 内装工事 口コミ評価評判,北九州 内装工事 値段価格費用料金,北九州 内装工事 期間,北九州 内装工事 依頼,物件

ルームビットのリフォームイメージの紹介

ルームビットのリフォーム情報コーナー

お問い合わせ

       
Mail:customer@room-bit.com

北九州や近隣県でリフォームを希望の方へ

お住まいに関するリフォームというのは、建物の庭から始まり、駐車スペース、玄関とすすみ、リビング、子供部屋、お風呂やキッチン、トイレといった水回りの場所であったり、お住まいの方の健康状態などによっては、バリアフリー化するためにすべての空間で段差を無くすなど、世帯や状況、条件によって全く同じリフォームというのは、ほぼ存在しません。

 

 

作り替える、新しい部材を設置

 

 

という事はリフォームの過程であって、 最終的に目指しているのは、ご依頼者が笑顔で喜んでくれる事だと考えています。

 

お客様の笑顔があるから頑張れる!

 

お客様が望む事は何かを考え続ける

お客様が望むリフォームをご提示いただいた場合でも、そのまま丸吞みせず、現場を見せてもらい、お客様の要望を聞きつつ、その為に必要な工程は何か? また、費用を下げるというのも重要な要素だと考えていますので、不要な作業が発生しないような段取りはどうすればできるのか?

 

という事を日々考えながら承っています。 逆に言えばこれくらいは考え続けれなければお客様の事を考えていくとは言えないともいえるかもしれません。

 

技術に関しても、常に質の向上、時間の短縮、すべてにおいてお客様ファーストであるからこそできる事だと思っています。

 

 

 

お知らせ

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide